PRO RACE DRIVER

コードマスターズ社のおなじみTOCAツーリングカーシリーズ
プレステ2版の第一弾、GTFORCEにも対応

お気に入りのシリーズだけにそこそこ期待して買ったんですが
結果からいうともうひとつのデキですわ
今作ではストーリー性を加えた形で
レースの合間にシナリオムービーが入ったり
レース中もライバルのドライバーが罵る言葉が入ったりと
臨場感を上げようと必死ですが、はっきりいっていりません
シム系のゲームはシム系らしく硬派路線を通して欲しいですね

グラフィックに関してはグランツーリスモより俄然劣りますが
その分は接触によるパーツ吹っ飛びエフェクトでカバーです
レースカーはおもちゃのようで全くイケてません

ゲームシステムはプレステ版のWTCほぼ同じ
膨大なコース種類やレースカテゴリーも豊富でかなりのボリューム
リバースコースがない状態でこのコース数は正直驚きです
レースアルゴリズムでは従来のシリーズ同様に
車の性能はCOM車ともに性能差はほとんど無く
ケンカレースで進行なのは変わらずですが
ライバル車のブーストのかけ方が少々露骨
あきらかにペース配分がわざとらしいのが気になりますね

難易度の設定はないですが全体的にやや高め
スタートグリッドがランダム決定なんでスタート位置によって
難易度がかわるのも確か
なにげにオーバーテイクは難しいです
オープニングラップの混戦をいかにうまく切り抜けるかによって
そのレースの順位がほぼ確定するといっても過言じゃないですね
スタート直後一コーナーで混戦に巻き込まれ最悪コースアウトして
最下位に転落したりするとやる気をそがれて
リセットリスタートしたくなるんですが
シリーズのレース後のセーブは2レース単位となっており
リトライしにくいような仕様になってるので
こういう理不尽な半リタイア状態を含めてアドレナリンは沸騰

各カテゴリーのシリーズチャンプになるごとに
おまけとしてフリーレースやタイムアタックなどで使用できる車が
入手できるタイマンレースに参加できるんですが
このタイマンレースがこのゲーム中で最も難しいです
ほとんどがハイパワーな車なんでまともに走らせること自体が難しく
純正コントローラだとアクセルのアナログ操作にハンデがある分
勝つのは至難の技と思います
負けず嫌いの管理人は、どうしても勝てないレースでは
超オカマ攻撃でライバルカーをコースアウトさせ
その隙にゴールを目指すという非道極まりない手を使い全入手に成功
結果オーライです

このゲームの最大の欠点は鬼のようなロードの長さです
長いロード待ちの後、ようやく決勝レース
スタート直後に混戦に巻き込まれコースアウト最下位転落
げんなりします

gr_prev.gif

ページの先頭へ

gr_next.gif