The Great Escape

タイトルのとおり映画「大脱走」をテーマにしたもの
国内版も発売されてます

実際、プレイしたあとの率直な感想は地味の一言につきます
良くも悪くも昔のまったりとした
アクション映画を忠実に再現と言ったところでしょうか

実際、このもとになった映画を
噂には聞くがちゃんと観た記憶がなかったので
このゲームをクリア後
あらためてDVDをレンタルし拝見しました

この映画は実際にあった史実を映画化したもので
第2次大戦中に捕虜となった収容所から
250人を脱走させるというすごい計画を再現した内容
映画自体は名作と言われるだけあって
普通におもしろかったです

ゲームの内容と比較しては
映画の主要なシーンは、きっちりとゲーム化
おいしいトコの役柄である
スティーブ・マックイーンの出演シーンを中心に
取り扱ってるところが多いです
それだけではボリューム的に足りないのか
アウトライン的な部分もゲームに盛り込まれています

ゲームをやってからDVDをみたわけで
そのDVDを観ながら

「お〜〜、あったあったこのシーンww」

などと一人関心しながら
ゲーマーらしい変わった映画鑑賞を味わえました
まぁ普通は逆パターンなんですけどね

ゲームの本題に入ります
基本は俯瞰視点のアクションアドベンチャーゲームで
ステルスアクションをメインにゲームをすすめます
各ステージごとに任務が与えられ、脱出用のアイテムを調達したりと
パシリ的な扱いを受けながら、監視の目を盗みつつ
任務達成をこなします

物陰に隠れる、忍び足、腹ばいでホフク前進など
かくれんぼのシーンが多いので
みつかるかもしれない緊張感が好きな人にはウケると思います

映画らしい演出としては
扉の鍵穴から覗いて、監視員の行動をチェック
移動するタイミングを見はからいコソコソ移動

持ち場から離れない監視員に対しては
仲間に協力を要請し
仲間同士で突然暴れ出して注意をそらせるなど
ドラマチックな展開がいっぱいですw

収容所内でウロつくだけで、厳しくチェックされるんですが
変装してカムフラージュという要素もあり
監視員の制服を着て変装した瞬間
全く疑われなくなる不自然すぎる
ゲームらしいところもありますw

ステルスアクションのほかには
ガンシューティングアクションや
乗り物にのって暴れるアクションもあるんですが
あくまでゲームに変化をつけるための扱い程度のもので
基本は隠れるか、走って逃げるですw

それゆえ爽快感や克服感に乏しい感じがします
ド派手アクションを期待して買ったりすると
大ケガしますので注意しましょう

gr_prev.gif

ページの先頭へ

gr_next.gif