psrbanner.png

RPG 一覧

任天堂「ファイアーエンブレム」に酷似していると告訴された
ファンタジーシミュレーション
酷似どころかモロです
シリーズもんでしょこれは...
てっきり「ファイアーエンブレム」を開発した同じソフト会社が作っているものと思い
訴訟ニュースを見るまで疑わなかったしね

似ている似ていないの問題は別として
任天堂「ファイアーエンブレム」とシステムは同じのプラスアルファなので
安定したおもしろさがあります
「ファイアーエンブレム」ファンは迷わず買いなのだ

続きを読む

「フロントミッション」シリーズ3作目
ぐあ〜〜〜すんげぇボリュ〜〜ムってのが感想
1つのシナリオクリアで約60時間ほど
2つで100時間以上かかりました
しばらくマップ攻略シミュレーションやってなかったんで
久しぶりに大きくはまってしまいました

続きを読む

SFCの「フロントミッション」がPSで登場
私、個人的にこのシリーズ大好きですからねぇ

内容はヴァンツァー(人乗りロボ)のドラマチックRPGシミュレーション
ジャンルの名のどおりドラマチックだった
前作もそうだったけど・・・

今作は、APシステム導入によって戦略性アップ! おもしろさアップ!
各ユニットはAPポイントを持ち、移動・攻撃・回避などの動作によりAPポイントが減っていきます
このAPポイントはターン毎に回復しますが、
このAPポイントの消費により、実行できる命令、命中率、回避率などに変化が生じ
戦闘が有利にも不利にも変わります
このシステムで采配がより奥深くなったように思います

続きを読む

ベルデセルバ戦記

FFシリーズに出てくるような飛空船の3DシュテーィングRPGゲー
飛空船の操作は慣れるまでちょっとコツがいりますけど
新鮮でけっこうとおもしろかったです

搭載武器としては、船の各個所にいろんな種類の砲台を自分で設置します
そしてプレイヤーは、飛空船の操縦及び
いくらかある砲台の1つを操作できます
残りの砲台については、シナリオで登場するキャラに砲手として割り当てます

続きを読む

ドライヴィングRPG
普通のレースゲーに少し飽きてきたとこだったんで
たまには色物でもやってみるかって始めました
このゲームの売りである車の改造に関しては
私は満点あげます
これはかなりはまります
シャーシにあわせたボディ改造の後のスタイルはどれもかっこいいです
もちろん、走るクセもかなり変わってきます
パーツに関してはほんとに多種多様で
チューニング次第によってはバカ速の車がゲーム中盤で作成可能です
こうなると、通常バトルではまず負けません
中には、族御用達の竹ヤリマフラーや出っ歯スポイラーなど
お茶ら気パーツも登場し、車好きを笑わせます

続きを読む

女神異聞録ペルソナ

この女神転生シリーズは
スーファミ時代は良く遊んだものですが
プレステになってからRPGが疎遠になってしまったこともあり
まさに数年ぶりのRPG

基本的なゲームシステムはスーファミ時代から変わらずの
仲魔の勧誘と悪魔合体がメインの遊び何処なんですが
それに加え属性相性を考慮した
戦闘と合体仲魔のレベル成長システムの導入で
正直、システム凝りすぎて戦闘に時間がかかりすぎるのと
テンポの悪さにゲンナリです

続きを読む

ポポロクロイス物語

ベーシックなRPG
このゲームってたくさん売れたのかな?
私よく分かりませんけど・・・
非常にあっさりしていたので非常にプレイしやすかったです
ちまたで出回ってる大作は、なにかとアイデア豊富で
全てを味わい尽くすには膨大な時間を要しますが
このゲームは、シンプルでサクサク進めてストレスを感じませんでした
戦闘シーンもサクサクでしたね
シナリオや世界観もいい感じだし
私の嫌いなレベル上げ重労働もほとんど必要なかったし
気軽に楽しめるRPGってとこですかね
しかし、何度もプレイしようという気はおきませんね

ブライティス

マイナーな作品とはいえ
なかなかの内容で、久々に2周しました

アクションRPGってのは、自分の操作スキルが高いと
苦痛なレベル上げ作業をしなくて済むのと
アクションが苦手な人は
レベル上げをすれば確実に進めるという点で
万人に楽しめますよね

さて、このゲームのシナリオは
世界滅亡をさせる大魔王の復活を阻止するという
ベタベタな内容なんで置いておくとして
アクションはいろんな意味で、やや難易度高めです

続きを読む

友人から「これおもろないぞ!やってみぃ」って言われて
恐いものみたさでやってみました
う〜〜ん確かに・・・っていうかダルかった
私の考えとしては、普通のRPGなるものゆっくりと
鼻くそほじりながらプレイすべきもの
という観点があるので連打するのはやっぱりねぇ・・・
プレーヤーを常に休憩させないRPGが狙いだったのでしょうか?
このシステムに関し賛否両論があるでしょうがねぇ
連打はシューティング叉は格闘コンボに任せるべきではないだろうか・・・
最初のボスキャラに到達する以前に放棄してしまいました
あ〜〜ダルかった

アクションRPG
てはいっても、フィールド移動の画面ってアドベンチャー風ですね
このRPGは、謎解きらしい謎解きはほとんどなくサクサク勧めてしまうので
濃いRPGファンにはかなり物足りない内容でしょう
スクウェアの得意路線の見せるRPGのように思います
CGはかなり力はいってますね
私が純粋なRPGゲーとしてとらえた場合、つまらない部類にはりますが
ボスキャラが強くて、レベル上げの重労働を強いられるのも減点です
ただ、ひとつこれだけは非常にはまってしまいました
それは武器の改造です
このシステムは、私的にはすごくはまる内容でした
ストーリーうんぬんよりも、武器の強化をするためだけにプレイしたようなもんです

不満としてキャラの移動が非常にかったるいところ
挿入ポリゴンムービーシーンで、キャラが1メートル移動するのに
そんなに何十歩も歩かんでしょう・・・普通

このページの上部へ