psrbanner.png

格闘 一覧

闘魂烈伝

プロレスの格闘ゲー
操作はお互い押すボタンの種類で、ジャンケンのように勝ち負けが決定し
勝ったほうの技が相手にかけられるっていうわりと簡単な仕掛けです
実際のプロレスは相手の技受けてなんぼってのがありますから
どうしても客にみせるような展開の技の攻防を狙って
盛り上げようとするんですけどやっぱりゲームじゃそうはいきませんねぇ
どうもちぐはぐな展開になってしまい
やってる本人も、ちぐはぐさに情けなさを感じました


格闘ゲームではリアルファイトのほうが向いてるってつくづく思いますね
プロレス会場の雰囲気はよく出てました
リングアナの選手紹介とか観客の歓声は実にええ感じでした
でも肝心の試合内容がどうしてもトホホになってしまうので残念です
濃いプロレスファンならお勧めの内容だと思います

ブシドーブレード

一撃必殺のチャンバラソフト
世間では評判倒れとなり、ユーザーの評価はイマイチでしたが
私はこういうの好きです
格闘ゲーとしては地味な部類だし、体力ゲージつきで相手の技を何発くらおうと
弱まる気配なく体力ゼロになると突然ダウンというデジタルな格闘ゲーじゃないし
ド派手な必殺技ないし、コンボないし・・・
でも新鮮でした私にとって・・・
一撃必殺の緊張感! たまりませんねぇ・・・
技をすかしたと
「し、しまったぁぁ!」
ってすごくどきどきします
反撃の一撃で死んじゃうことよくありますしね・・・
手負いの状態から、一撃でまさかの逆転勝利ってのもありますから
相手が死ぬまで気が抜けません
やはり真剣勝負なるものこうでなくては・・・

続きを読む

鉄拳2

格闘ゲーのベストセラーソフト
みなさんおなじみなので、あえてレビューはしません
私のこのソフトの購入動機としては、来客対戦用として買いました
誰でも簡単に連続コンボや大技が繰りだせるのがこのソフトのいいところだと思います
また奥も深いので格闘ゲーマーも充分堪能できる内容ではないですかねぇ
とりあえず来客対戦用ということで、一通りキャラを出現させた後は
来客時しかプレイしません

闘神伝2

武器を使った格闘ゲー
ボタン一発で必殺技が出るから簡単そうでいいやって思って買ったんですけど
う〜ん・・・なんかイマイチ・・・
キャラもコスプレし易そうな方々で、演出もけっこう派手だったんですけどねぇ
簡単操作で繰り出す技もあまり多くないようだし、なんかすぐ飽きちゃいました
操作が簡単になると格闘自体も単純になってしまうのだろうか
よくよく考えてみると、このソフトより以前に出てた「鉄拳」で
ボタンの設定変更するとボタン一発で大技だせたんですよねぇ
し、しまったぁぁぁぁって感じかなぁ

ロードが格闘ゲーとして見て長めです
やっぱサクサクとキャラ選べて次ステージ行けてじゃないと
実写のオープニングは賛否両論あるでしょうが
私としてはキャラのイメージからするとトホホだった

格闘ゲーのストつーの実写版映画のゲー
内容は、実にトホホだった
格闘ゲーの命とも言える操作が、かったるぃ
生身の人間が演じているこの俳優キャラでは
このレスポンスが限界なんでしょう 
それでも、シナリオモードをクリアすると
このソフトの同名映画のエンディングテーマ曲として
使用されているチャゲ飛鳥のプロモーション映像みたさに
シナリオモードは意地になってクリアしました
CPキャラは思ったよりけっこう強くて
私は格闘ゲーはあまり得意ではないのでかなり苦労しました
ベタなB級映画のノリですねこりゃ
なんかモータルコンバットとかぶってしまう・・・

鳥山明作「ドラゴンボール」を基盤にしたこのソフト
子供向けですね、これは 
大人の格闘ゲーとしては、ほとんど遊べないと思います
登場キャラの演出重視のため、対戦プレイしてもちっとも楽しくなかった
1つだけ、笑えたのは必殺技ゲージをためるための
「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」っていう気合いための動作が妙に笑えました 
でもほとんど、まともにプレイしていない

トバル2

「トバルNo1」の続編
やはり時代の流れには逆らえなかった・・・
連続、空中コンボ、必殺技(ビーム系)の導入・・・
そして、連続攻撃を受けるとピヨピヨ・・・
前作のシステムに各売れ筋格闘ゲーの要素が
たくさん取り入れられましたねぇ
おかげで前作に比べすごく派手なソフトにしあがりましたねぇ
まぁ内容はおもしろいからいいっか・・・
おもしろけりゃなんでもありということで・・・

続きを読む

トバル No1

縦横無尽に移動できる格闘ゲー
この移動により相手の死角が発生することで、これほどおもしろくなるとは・・・
死角に入り込んでのかわし、死角からの攻撃は非常に新鮮でした
2D移動だと上下のかわしと防御しかできなかったので
3D移動は非常に画期的だと思います


それに加え掴みからの攻防もおもしろいですねぇ
掴みの状態からお互いどっちの方向へ、引いてるか押してるかにより
繰り出せる技が変わるので、お互いの駆け引きが成立するのもおもしろいです
あと投げ技からの脱出、そして反撃!!
キャラクターによっては技のキャッチ、そして反撃!!
プロレスでよくあるバックの取り合いが格闘ゲーで実現できるのもうれしいですねぇ

続きを読む

このページの上部へ