psrbanner.png

太陽のしっぽ

原始生活を営むゲー
プレイヤーは一人の原始人を操作し
狩りをし獲物をとっては食い、落ちている食用植物を食い
眠くなれば猛獣がそばにいようとその場で寝る・・・
毎日をこうやって過ごし、だだっ広い世界を駆けずり回る・・・
そして寿命が尽きると死亡し、次の原始人の操作に交代し同じことの繰り返し・・・
とりあえず目標として、刈りをして捕った獲物の骨を積み上げ
天まで届けばこのゲーム終わりだったかな・・・
最後までやらずに売却したので結末は知りません
だらだらとプレイするゲームです


いろんな発見をするというのも、このゲームの要素のひとつだったようにも思います
ちょっと変わった志向のゲームだったのでとりあえず買いましたが
ほとんどしばらくの単調な毎日のためやっぱり飽きてしまいました
なんといったらいいのだろうか・・・この無気力感・・・
せっかちな人には当然向いてません
攻略本があればもう少し楽しめたのでしょうか・・・
それとも私のゲームの進め方がマズかったのだろうか?
どこに楽しみを見い出せば良いのか今だに謎に包まれたまま・・・

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ