このサイトについて

ここはプレステのコリン・マクレー・ザ・ラリー02の攻略サイトです
チャンピオンシップモードでタイムが伸び悩んでいる、そこのあなた!!
このサイトのコース別攻略ガイドを読んで
宿敵マクレーをブチ抜き最速ドライバーとなろう!!

私の攻略時のプレー環境

使用コントローラはネジコン
WRカーはSubaru Imprezaでギアはマニュアル

各コース別のセッティング表の見方

 ## セッティングサンプル ##

Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
01 Gravel +1 -3 0 0 +1 0 02:18:69
02 02:12:13

 ## 各セッティング説明 ##

Stage 攻略ステージ
Tyres タイヤの選択です
Tarmac(舗装)、Mud(泥道)、Gravel(未舗装)のタイヤについては
Dry(晴天用)、Wet(雨天用)がありますので天候によって選択は変わります
Gearbox 0を初期値のセッティングとし
+でLong(高速重視)、-でShort(加速重視)の方向に
数字の段階分調節を示しています
サンプルの場合だと1段階Long側へ調整になります
Suspension 0を初期値のセッティングとし
+でHard(堅く)、-でSoft(柔らかく)の方向に
数字の段階分調節を示しています
サンプルの場合だと3段階Soft側へ調整になります

 堅めの設定をするとシャープなハンドル操作になりますが
踏ん張りが効かないないためグリップ力は下がります
Tarmacステージが堅めの設定に適しています

 柔らかめの設定をすると逆の状態になります
路面ミューが低いダートコースでは
ほとんどのStageで柔らかめの設定になります
Power Ratio 0を初期値のセッティングとし
+でFront(前輪側強めの駆動力配分)
-でRear(後輪側強めの駆動力配分)の方向に
数字の段階分調節を示しています

フロントよりに設定するとアンダーステア傾向になり
逆の場合はオーバーステアー傾向になります
Brake Bias 0を初期値のセッティングとし
+でFront(前輪側強めの制動力配分)
-でRear(後輪側強めの制動力配分)の方向に
数字の段階分調節を示しています

ブレーキング飛び込み時の車の挙動が変化します
フロントよりの設定をすると同じBrake Powerでも制動力は上がりますが
ブレーキング時にノーズをコーナー内側に向けにくくなります
リアよりの場合は逆の状態になります
Brake Power 0を初期値のセッティングとし
+でStrong(強くブレーキ)、-でWeak(弱くブレーキ)の方向に
数字の段階分調節を示しています
Steering 0を初期値のセッティングとし
+でHigh(素早いハンドル操作)
-でWeak(ゆっくりハンドル操作)の方向に
数字の段階分調節を示しています
Best Time このセッティングでの私の自己ベストタイムです
つまりこのセッティングでこのタイムを出す事は可能というわけです
Expertでのトップタイムと同レベルかそれ以上になります

Expert Championへの心構え


Expertではコースマップを記憶することがまず大前提条件となります
ドリフト走行は極力避け、コーナーを可能な限り直線的に結ぶような
ライン取りをすることが重要なポイントです
ショートカットできるところもどんどん活用し、貪欲にタイム短縮の挑戦になります


どのコースもパーフェクトに走るのが理想ですが
膨大なコースなため、正直かなり過酷です
そこで、コース上でしっかりと減速するポイントの見極めや
タイムロスが発生する場所を重点的に研究し
何度もアタックしないとExpert Championは難しいと思います
努力なくしてはExpertの攻略は不可能(たぶん…)


テクニックで注意すべき点はコーナーの立ち上がり
このゲームではタイヤの空転に案外気づきにくいのです
タコメーターはブン回っているのに、それに伴う速度が出て無いことがよくあります
タイヤの空転に気づいたら、一旦アクセルを戻しグリップを回復させる
セナ指(アクセルを細かくオンオフ)も効果的
エンジンの回転をできるだけ落とさないよう注意も必要
そのためには、やはりMTでの操作をお勧めします

Designed by CSS.Design Sample