Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
01 Gravel +1 -2 +1 0 0 +2 03:04:11
02 02:52:67

連続する切り返しコーナー多発のテクニカルコース
クイックなハンドリングできるようセッティング
このダートコースは、コーナリングでお尻を滑らせて回るのが望ましい
但し、コーナー脱出がゼロカウンターの修正が必要程度のコーナリングとし
過激に滑らせないこと
ヘアピンコーナーはブレーキで充分減速した後に
サイドブレーキをタイミングよく利用すればスムーズに曲がれる




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
03 Gravel +1 -2 0 0 0 +3 01:24:30
04 02:56:30

さらに操作が忙しいコースのためSteeringを調整
Power Ratioは気持ちの問題で、あまり差はないと思うがイーブンに戻す
Stage03は最後のチェックポイントを通過後の
3~4連続コーナーをショートカットするとタイムが稼げる
Stage04は緩い角度のS字コーナーが続くが
直線で結ぶライン取りができる箇所が多いので、可能な限りまっすぐに全開走行




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
05 Gravel +1 -2 0 0 0 +2 02:56:47
06 -1 +3 01:21:97

このStageでは、それぞれのコースでセッティングの違いによってタイム差が大きく出る
Championshipでは1パターンでしか選択できないので
得意のコースのセッティングでタイムを稼ぐもよし、両方を無難にまとめるもよし
プレイヤーの選択にゆだねる
Stgae05の第4~5チェックポイントの
2Right,4Left,4Left,2Rightと続くコーナーはショートカット可




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
07 Gravel +1 -2 +2 -2 +1 +1 02:32:08
08 -1 +2 02:47:12

このStageでも、それぞれのコースのセッティングによってタイム差が出るので
プレイヤーの選択にお任せ
Stgae08で、なかなか安定した好タイムが出ず
いろいろ試した結果、Power Ratioの調整が効果適面
上り坂が多いコースでは、フロントよりの駆動配分が適していると思われる

Stgae07の第1チェックポイント通過後の
3~4連続コーナーはショートカット可
草むらの谷に落ちて這い上がる形になるが
車のダメージもほとんどなく、タイムも1~2秒程度短縮可
スピードの乗る長い直線からのヘアピンコーナーは
早めのブレーキで確実に減速すべし




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
09 Gravel +1 -1 +2 -2 +1 +2 02:53:52
10 02:55:27

Stage10は崖コーナーが多いので、アウトに膨らまないよう
コーナー突っ込みのオーバースピードに注意
また、コーナー出口が見えるまでアクセルをむやみに踏まないこと




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
SS Gravel 0 0 0 0 0 +4 01:21:53

SS仕様に大幅に変更
直線からRのきついコーナーが多いので、早めの減速、コーナーアプローチが重要
フェンスをターンする2コーナーは、フェンスのインぎりぎりでターンするつもりでラインを取る
また、コースラインをはずれた走行で減速も多用する
スタートライン右側のコースの、スタート直後の4Left,4Rightコーナーは
思ったよりRがきついので、コーナー侵入手前でしっかり減速したほうが、後に続くコーナーが楽




Designed by CSS.Design Sample