Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
01 Gravel +1 -3 0 0 +1 0 02:18:69
02 02:12:13

高速重視、ロングコーナー対応のセッティング
平均スピードが高いので無理なツッコミに要注意
過激なドリフトコーナー立ち上がりよりも
コーナー手前でしっかり減速しグリップ加速で




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
03 Gravel +1 -3 0 0 +1 0 00:55:30
04 02:20:65

Stage01-02と同じセッティング

このStageより大ジャンプが、よく登場
着地後すぐコーナーがある場合は、ジャンプ前に意識してラインをとると楽
また、着地のときアクセルオフのほうが車は安定




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
05 Gravel +1 -3 0 0 +1 0 02:22:52
06 02:26:79

Stage01-02と同じセッティング

Stage05の攻略ポイントは、ステージ後半の連続する5Leftコーナーをうまく切り抜ける点
外に膨らみがちになるので
コーナー入り口手前でアクセルオフで荷重移動し、早めに車の向きを変える
5~6速キープでクリアするとタイムが稼げる
Stage06は、コース脇の草むらを減速とショートカットライン取りに利用




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
07 Gravel +1 -3 0 0 +1 0 02:22:31
08 02:32:84

Stage01-02と同じセッティング

Stage07の攻略ポイントは、第2チェックポイント通過後の3連続ジャンプ
ここをうまく通過できないと、3連続ジャンプ後のストレートでタイムロス
ひとつめのジャンプ侵入前に6速でコース右側を走行
ジャンプしたらアクセルオフで2つめもそのままジャンプ
また、ジャンプ中に5速にシフトダウンしておく
2つめのジャンプ着地後アクセルオンで
コース左から、はみだしているように見える木の枝葉めがけて走行しジャンプ
このライン取りで3つめのジャンプ着地後にコースアウトせず全開走行可

Stage08は、夜間でコースが見辛く
減速ポイントなる目印を、自分なりにみつけないとタイムは稼ぐのが難しい
注意すべきはStage中盤に登場するMudコース
道幅が狭く滑りやすいので、Mud前半は速度抑えぎみで走行
Mud後半は草むらショートカットを使えば5~6速全開で走行可




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
09 Gravel +1 -2 0 0 +1 0 02:26:02
10 00:58:24

このStageはわりと小さめの切り返し連続コーナーが発生するので
SuspensionとSteeringを少々クイックに操作できるよう調整
Stage10では、コーナー脱出時に横滑り(ゼロカウンター)で、コーナーを攻める感じで

Designed by CSS.Design Sample