Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
01 Mud 0 -3 +3 +2 0 +2 02:21:92
02 -4 +1 01:28:40

MudはGravelよりもさらに滑りやすく
ブレーキは早い目にかけないと止まれない

第3チェックポイント通過後のTarmacコースのコーナーでは
極端にアクセルを戻すと、Dirt仕様のSuspensionセッティングのため
過激なロールに見舞われるので
ほぼ全開でクリアできるようなライン取りを心掛ける

Stage01のショートカットポイント
・第2チェックポイント通過後の4Rightから3Leftまで木の間を直進
・第4~5チェックポイント間の川沿いのMudセクションで
 川沿いを走行せず、可能な限りインフィールドの木々の間を走行し
 橋の起点にあるKeep It Leftのコーナーまでショートカットする
 このショートカットで数秒は短縮可




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
03 Mud 0 -3 +3 0 0 +3 02:51:70
04 02:22:50

Stage03はTarmacコースのセクション多し
前Stage同様足回りがSoftなので
Tarmacコースコーナリング中の極端なアクセルオフに注意

Stage04のショートカットポイント
・第1チェックポイント通過後の3Leftをターン後直進し、Tarmacコースを走行
 Tarmacコース行き止まり直前で再びMudセクションに戻り
 川沿のコースへ向かって斜にラインを取り走行
・Stage01の第4~5チェックポイント間のショートカットを、逆走で使えばOK




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
05 Mud 0 -3 +2 -1 0 +3 03:13:70
06 02:42:02

Stage06はシフトアップを早い目に、6000回転を目安にシフトする
各コーナーのブレーキングも、ハードブレーキで確実に行うようにする
中途半端なブレーキでは、車がフラつきコーナーで安定しない
終盤のMudセクションでは、轍のあるレコードライン上を
なるべく走行するよう心掛ける




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
07 Mud 0 -3 +2 -1 0 +3 03:14:42
08 01:13:01

Stage08の序盤のMudセクションでは、Stage06と同様な攻略で
しかしながら、コース自体短く夜間走行となるので
ホドホドの攻める走りでリスクを少なくまとめた方が無難




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
09 Gravel 0 -3 +2 -1 0 +3 02:55:60
10 03:10:80

特に注意すべき点は無し
セオリーどおりに走れば、比較的簡単にトップは取りやすい




Stage Tyres Gearbox Suspension Power
 Ratio
Brake
 Bias
Brake
 Power
Steering Best
 Time
SS Mud 0 -3 +5 +2 0 +3 01:33:01

難易度高めのSS
スタート左側コースの最初の緩やかなシケインは、1つめのLeftをクリア後確実に減速すること
ブレーキングが不十分だと、車が膨らんで二つ目のシケインが苦しくなる
また、両コースともに最終コーナーのツッコミ過ぎに注意
ブレーキポイントがイマイチつかみにくく、ついついツッコミすぎてしまうので
早めのブレーキとコーナーアプローチを意識して、インベタになるくらいに攻める




Designed by CSS.Design Sample