newbanner.png

Mac mini起動しない事案発生。

ここんとこMacネタが続きますが、買って3ヶ月くらいのMac miniなのに起動しない事案発生
HDD不良のハズレを引いてしまったのかとヘコみかけたが、以外にも簡単に復旧したので
巷にはたくさん出回ってる情報ではあるが、顛末を書いておきます


事象としては起動後のリンゴマークが出て、下のギアがクルクルと回転し、そこから先が全く進まない状況

まずは定番のPRAMクリアを実施するも状況変わらず

次に、セーフモード起動(電源入れるときにShiftキーを押す)
リンゴマーク下にバーが現れたらセーフモード起動に入った合図
しばらくしてギア回転に入るも、やはり起動しない

次に、OSXユーティリティにお願いする(電源入れるときにコマンドキーとRキーを押す)
このメニュー画面が出てくれば成功




このメニューからディスクユーティリティを選んで続けるを押す
このアプリでディスクの検証と修復を実行

結果、エラー無しの回答

「お!ディスク大丈夫ではないか」と、少し安心

続いて、デイスクのアクセス権の検証・修復を実行

結果、意味の分からないエラーが続出、修復を試みるもできない様子
なのに「修復完了しました」の嘘のアラートでドヤ顔されてもな

「すんのかい思たら、せえ〜へんのかい、おい!」の状況ですやん

一旦、これで再起動するも状況変わらず

あきらめて再インストールの方針へ舵を切る

再インストールはいいのだが、何が面倒くさいって、前と同じ利用環境に戻すのが面倒くさいのだ

まずはデータ救済

私のMac miniは、2軍扱いであるため、バックアップもとっていなかったのだw
データ量が少ないとはいえ、救済したいデータなので、面倒臭いがそこから始める

FireWireケーブルで1軍のMacProと2軍のMac miniを接続し、Mac miniを外付けハードディスク化するターゲティングディスクモードで起動(電源押すときにTキーを押す)すれば救済は簡単なのだが、FireWireケーブルを持っているものの、いかんせんコネクタの片方が800の規格ではないため使用不可

救済したいデータ量は、たかだか100M余り

わざわざコード買ってやるのもコスパ悪い

かといって、外付けハードディスクをつないで、ディスク丸ごと500G復元で、必要なデータ100M余り
まさに「牛刀をもって鶏を割く」で、時間がバカらしい

他に手持ちのモノといえば...そうだ!!!!MicroSDカード!!!!!!

標準リーダー装備のお手軽感とデータサイズ的に十分オッケーなので、これに退避させることにする

とはいえ、OSXユーティリティで使える技はディスクユーティリティの機能に限られる
マウスを使ったデータのコピー(ドラッグ・ドロップ)は、もちろん使えない

そこでとった手段は、ディスクイメージを作り、それを復元によりMicroSDカードに退避するという作戦

ディスクユーティリティのファイル>新規>フォルダーからのディスクイメージ


scsht.pngのサムネイル画像

そこで救済したいデータのフォルダを選択

sentaku.jpg


イメージボタンを押せる状態であれば、どのフォルダでもオッケーなので、デスクトップや書類でもディスクイメージ化可能

ディスクイメージ化が成功すると、ディスクユーティリティ画面の左のディスクに、そのイメージがマウント表示

後は、復元にてソースに救済用に作ったイメージを指定し、復元先にMicroSDカードを指定して復元すればオッケー

これでデータ救済は終了

次に再インストールへ

最近のMac miniはご存知のようにリカバリーディスクやDVDドライブも無い

なので、ネット経由での再インストールとなる

OSXユーティリティよりOSXを再インストールを選択し続けるを押す

本来であればHDDを消去してから新規インストールすればスッキリするんでしょうけど、おまかせでそのまま再インストールを実施してみる

ネット経由でインストールってことで、当然ネットに繋がらないとお話にならないわけで、ネット接続するために画面右上のWifiアイコン(扇型のやつね)を押すよう促される

押すと自分のWifi環境の選択とパスコードの入力を求められるので、素直に入力する

その後、お決まりの「再インストールでおかしくなっても私(当社)のせいじゃなく、あなたの自己責任ですよ」の同意を促されるで、素直に同意する

小一時間かかりますのメッセージが表示されるので、しばらく放置することにする

隣の部屋でプレステしてると「ジャーン」って起動音したので確認してみると

「インストールしています」の画面、どうやらダウンロードが終わってインストール中らしい

まだしばらく掛かりそうなので、再びプレステ再開

30分くらい経過して「ジャーン」って再び起動音


画面確認すると、いつものログイン画面


おおおおお!直前の利用環境を損なわずに復旧してるwww

しかし、なんかモタモタしてるな...

突然アラート登場

Safariの拡張ファイル「Omnibar.safariextz」が邪魔して起動できないので読み込みませんでした

もしかして、犯人はコレか?!

当然インストールなんかした覚えはない

ウィルス駆除ソフトで調べると、やはりウィルス扱いで隔離された

んで、もう一度再起動かけると、元気だったいつもの動きが復活


結局のところ遠回りをしたものの、データ救済も不要で最初から再インストールをすれば全て丸く収まったのが結論

再インストールすると利用環境を以前の状態に戻す作業が必要という、おっさんの固定観念がもはや時代遅れを痛感した

ますます便利にMacの再インストールでした

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ