newbanner.png

おもしろかった日本GP。

今日の鈴鹿GPは熱かったですね
男前な可夢偉の走りに狂喜乱舞した
F1ファンの方も多かったんじゃないでしょうか

タラレバになりますが
予選のシケインのミスがなければ
もう少し楽にレースできたんじゃないかと思いますがw

しかし、そのおかげで結果的には
エキサインティングなオーバーテイクショーを
観られたのはお客さんにとっては
おいしいレースだったと思いますね

可夢偉のザウバーのストレートスピードが遅いので
鈴鹿定番のオーバーテイクポイントである
シケインや1コーナーの飛び込みで抜く事が難しいために
強引ながらヘアピンで抜く作戦に至ったとは思いますが
抜かれるドライバーは意表を付かれる形で
オラオラと抜いて行く姿は痛快でした

特に終盤のスイッチの入った可夢偉の
激走には感動すらしました
彼がレース引退後の鈴鹿ヘアピンは
「デグナーコーナー」に続く「可夢偉ヘアピン」と呼ばれても
過言では無いと思われるほどの伝説を残したと思います

もう一人の立役者...と
私の勝手な推測ですが
チームメイトのハイドフェルド

ヘアピンでポジションを
すんなり譲ったように見えました

チームオーダーがあったかどうかは不明ですが
ハイドフェルド自身は来季のシートは無いにもかかわらず
可夢偉の母国レースにアシストしているよう感じました
地味ですがジェントルなドライバーですね

何かと文句言いのバトンには
ハイドフェルドの爪の垢煎じて飲ませたいです

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

このページの上部へ